海洋フィールド生命科学専攻の概要

概要
募集要項

 季節的・経年的に大きく変動する海洋を対象とするフィールド科学の知識・経験の修得には,複数年にわたる継続的・計画的な教育指導が不可欠です。 この考えに基づき,「海洋フィールド生命科学専攻」は以下の2つのコースを置き,博士前期・後期課程の区切りをなくした5年一貫の系統的なカリキュラムによる教育を行っています。

「環境生態科学コース」では,海洋・大気・陸域の相互作用や海洋における物質循環,生物生産の基礎を修得し,海洋環境・生態系の保全と回復に関する学際研究を国際的に展開できる卓越したフィールド研究者を育成します。

「生物資源再生科学コース」では,海洋食料の基礎となる生物資源の再生産力を環境変動と関連付けて解析する能力を備え,資源の持続的生産のための学際研究を国際的に展開できる卓越したフィールド研究者を育成します。

上記の2つのコースでは,以下の項目に主眼を置いた教育が行われています。

  • 沿岸海洋研究の世界的モデルとなる「東シナ海」を通して,海洋環境・生態系の保全と回復,資源の持続的生産等に関する学際研究を国際的に展開し,海洋からの食料供給の持続性を確保するための科学的基盤。
  • 外国人研究者を招聘して行う英語による講義の受講や,海外の学生と共同で実施する学生主導型セミナー及び国際学会における英語による口頭発表で涵養される英語による科学コミュニケーション能力。
  • 約6ヶ月の海外短期留学による外国人研究者との共同研究の体験を通して得られる国際的に活躍できるフィールド研究者としての能力。 (渡航経費は大学が支給します。)
  • 海洋および環境に関する社会科学科目を履修し,幅広い知識と柔軟な発想をもって研究に取り組む能力。

 本専攻では,海洋環境・生態系の保全と回復や資源の持続的生産に関する高度な知識修得や独創的な海洋フィールド研究に意欲的に取り組み,将来は研究者として社会に貢献する熱意ある方々が集われることを熱望しています。


学位審査基準

 博士学位論文は,水産科学・環境科学及び両者を融合させた学際的・総合的分野に関連する内容で,独創性,新規性,普遍性,論証性などの高い学術的価値が含まれ,かつ学術論文として論理的にまとめられた完成度の高い英語論文でなければなりません。
詳細については学位審査規程を参照してください。